おはようございます! 今8:03(メルマガを書き始めた時間)
 
 飛行機の中で筆ペンで字を書こうとしたら
 墨が漏れていて右手が真っ黒になった、木戸一敏です。
 
 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本日のテーマ :「この会社に入って人生変わりました」と社員に言われるには

 【Q】営業トークを覚え、売れるようになっても社員が辞めてしまいます。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

27日、福岡で開催した
菊原さんとのセミナー
盛り上がりました!

終了した時間が21時だというのに
ほとんどの方が懇親会に参加。

熱く語り合ってきました。

昨日は盟友、
「じじや」の秋武さんが始めたラーメン屋さんに行く目的で
菊原さんと門司港へ。

こだわりすぎて
原価がめちゃ高くついてしまったという
とんこつラーメンを食べてきました。

実はとんこつは
ちょっと苦手だったんですけど
秋武式とんこつラーメンは
うまかったです(^^)v

楽しい九州の旅でした(^^

このセミナーを主催いただいた
夏秋さん⇒ http://ameblo.jp/fp-wing/
参加いただいたみなさん
「じじや」の秋武さん
菊原さん

みんな、ありがとう!!!

———————————————————————–

【Q】営業トークを覚え、売れるようになっても社員が辞めてしまいます。

【A】採用した根拠を伝えるといいです。

 

●27日のセミナーに参加いただいたZさんが
「『みとめ本』の前半を読んだだけで
 「涙が止まらりませんでした」
と私に話しかけてれました。

自分で夢と希望をもって創めた会社なのに
楽しくともなんともない。

むしろ辛い。

「みとめ本」の前半には
こんなことが書いてあるんですが
そんなところがダブったとZさん。

お話を伺うと
社員が育つ前に次々と
辞めてしまう。

「一生懸命育てようとしているのに…」

 

 

●経営者にとってこれは
「お前は経営能力がない」と言われているようなもので
本当に辛いことです。

つい最近、他の方からも
「社員がすぐ辞めてしまう」
という悩みを聞きました。

この問題を解決するためには

・給料を高くしたり
・昇給させたり
・休日を多くしたりしても

実は根本的な解決にはなりません。

営業トークを覚えて
売れるようになっても辞めてしまいます。

これは私のリフォーム会社経営時代に
経験したことです。

上の3つ以外にも
仕事以外で接する時間を持とうと
カラオケやボーリング大会もやりました。

でも、退職者はまったく減らない…

 

 

●リフォーム会社を閉めて
2年経って

やっと根本的な原因がわかりました。

社員の話しをよく聞くとか
社員にどうなって欲しいかを告げるとか

このようなことをする前に必要な
最も重要なものでもあります。

それは…

【なぜ、あなたを採用したのか】
を告げること。

採用したということ自体が
「君は選ばれた人なんだよ」
と無言の「みとめ」ではと思っている人も
いるかもしれません。

でも社員は
会社を機能させるための
ひとつの“駒”という扱いをされてるだけ
と思っているかもしれません。

 

 

●だからちゃんと
【なぜ、あなたを採用したのか】
をその根拠を告げるんです。

「今回、君を採用したのは
 面接のとき『長所は?』と私が聴いたとき
 君が『前向きななところ』と言った
 一言だったんだよ」

社員のどんな言葉や経歴が
採用を決定したのかを言います。

そして
その判断基準を伝えるんです。

「なぜかというと
 私の目的は日本の経営者を元気にすること。
 これを全うするためには
 前向きなスタッフがいることが重要なんだ」

そうすると
単なる“駒”としてではなく
人間性が「みとめ」られて
採用されたんだと社員は思います。

根拠をしっかり伝える

そのことで
受け入れあう=「皆豊める」
の関係ができるんです。

 

▼今日の「みとめ」チェックポイント

『選んだ根拠を伝えよう』

 

 

小心者専門のアプローチ法があったとしたら?

30日以内で訪問件数を3分の1に減らして
アポを3倍にする営業トークを公開中!