ポイントをおさえるキーワードが、随所に入っていてわかりやすい。具体的な動作がともなったネーミングになっているので、創造しやすい。結果そのことが、重要なポイントが記憶に残るようになる。
木戸さんが、「ここは気がついて欲しい」というポイントを、はずすことなく読めるよう読者の視点で書かれた実例集になっている。
ホームページはこちら→