売れる営業トーク設計法を伝授。飛び込み営業マンが害虫と呼ばれないように、だれでもトップ営業マンになれます。営業トークの極意を公開中!小心者専門売れる営業トーク設計法

小冊子 「塗装工事に失敗しない6つの防衛策」

  • HOME »
  • 小冊子 「塗装工事に失敗しない6つの防衛策」
 営業マン10人雇うより、この○○!

 

・10人分の営業マンに代わって集客し、スーパーセールスマンに代わってクロージングし成約に結びつける、完全無人化システム!

・これがあれば、あなたは現場で仕事をしながら自動的に集客することができる。見込み客の家に行く時は、実測・現場調査と契約書をもらう時だけ!

・自社の技術や信頼性、塗料の優位性を一生懸命説明し、見込み客を説得する必要は一切なし。それでいて成約率は75%以上!

塗装工事店の親方へ

 もし、下請けから脱出をすることをお考えでしたら、営業マンを雇うことはこの方法を実践していただき儲けてからでも遅くはありません。

 
 無理をしないで欲しいからです。

 営業マンを獲得するのにかかる求人広告費や毎月の給料、手当て、社会保険、行動費等々を計算すると、どんなに少なく見積もっても営業マン一人当たり月/50万円をみなくてはなりません。

 資金がある程度確保できていて、会社として売上をあげらるシステムが確立させているのであれば問題はないのですが、そのような状況でないのであれば営業マンを雇うことは反対に、大変なリスクを背負うことになります。

 極力リスクを抑えた方法から、スタートしてみてはどうでしょう。

 その方法のひとつに、今回は小冊子による集客方法をお勧めします。

 まずは、小冊子作りからスタートです。文章を書くことに長けている人であれば、何ら問題はないでしょう。しかし、そうでない人にとっては大変な労力となります。それこそ、仕事をまるまる1ヶ月休み、執筆活動だけに専念するくらいの覚悟でなければ、自分でも納得したものはできません。

 学生の頃、作文を書くことが大の苦手だった私が、何を思ったかこの小冊子作りにチャレンジしました。初めて作成した小冊子は、お世辞にも良い出来ではありませんでした。小冊子と一緒にアンケートを同封していたのですが、戻ってきたことは一度もありません。社員や友人、お客さんに感想を聞いてみても「いいと思いますよ」とか「大変だったね」と社交辞令的な反応しか返ってきません。

 納得できず2冊目の小冊子を作りました。これは自分でも「まあ70点ぐらいだな」という出来に、なんとか仕上げることができました。その小冊子にしてから、アンケートが戻ってくるようになったのです。評価は上々でした。慣れない文面作りで悪戦苦闘したその疲れは、お客さんの喜びの声で、どこかに飛んでいきました。

 この小冊子を読んだ、お客さんの感想を紹介しますと…

 


・これは本当に、目からウロコが落ちたって感じだね

・ いやーすごいね、ここまで書いちゃっていいの!?

・ 塗装工事の裏側がよくわかった。本当にここまでやってくれたら完璧ね!

・ ここまで公開しても大丈夫!?

・ 我々素人にも分かりやすく書いてある

・ 言われてみれば確かに通常の塗り方だと、塗り残しがない方がおかしいよな

・ チェックリストとかもあるので実践的ですね

・ インパクトあるよ!この冊子は!!

・ 確かに本屋さんでは売ってないな…というより、本屋さんでは置けないよ!

・ ここまで書かれたら、あんたのとこ以外で出来ないね

 そればかりではありません、この小冊子にしてから契約が取れるようになったのです。
 販促ツールとして利用していくことも行ってみました。そうすると、営業もスムーズに運ぶように、なかなか成果の出せなかったクビ寸前の営業マンも、契約が取れるようにもなったのです。

 合い見積もりになった時でも、この小冊子は抜群の威力を発揮します。

 契約になった後で「なぜ、私どもを選んだのか?」と聞くと、ほとんどのお客さんは「会社のポリシーをきちんと本にまとめている会社は、あなたの会社だけだったから」とか「いままで10社近く見積もりを取ってもらったけど、このような我々の立場を考えた冊子を持ってきたのは、お宅の会社がはじめてだったから」「冊子に書いてある主旨が気に入った」といいます。

 このように小冊子があることで、他社との圧倒的な差別化を図ることができるようになります。小冊子がスーパーセールスマンの役目を果たしているのです。

 通常の会社では、書面としてお客さんに渡すものは、せいぜい見積書ぐらいなものです。金額以外のことで、仕事に対するこだわりや使命感などを口頭だけで伝えるのではなく、小冊子という書面として形のあるもので情報を提供することにより、お客さんは、より確かな信頼性を感じ取るのです。

 逆の立場を考えた場合、たとえばあなたが、2社から塗装工事の見積もりを取りました。仮に工事金額やその他の条件全ては同じだったとします。違っていたのは小冊子がある会社、ない会社。あなたは、当然、小冊子のある会社を選ぶはずです。

 仮に2社とも小冊子があったとします。1社は、塗装の技術的なことを書かれている教科書的で、本屋さんでも売っているような内容の小冊子。もう1社は、その会社のこだわりや使命感、ポリシーなどが明確に分かりやすくかかれている、本屋さんでは売っていそうにない内容の小冊子。

 言うまでもありませんね。あなたも、後者を選ぶはずです。

 「確かにそんな小冊子があったら非常に助かるよ。でも我々は、そこまでして小冊子を作ることはできないよ」といわれる方も、いらしゃるかもしれません。

 しかし、諦めることはありません。

 ご安心ください。

 あなたは、ゼロから小冊子を作成するような必要は一切ありません

 私が何度も作り直して完成させた小冊子「失敗しない塗装工事6つの防衛策」をあなたにお分けします。この小冊子は、お客さんの意見などを取り入れ平成14年9月にさらにパワーアップした内容になってなっております。

 一部内容を紹介しますと

・ 手抜き工事をさせない簡単な2つの方法

・ アフターは万全かを見破る必殺技とは?

・ 悪質業者を見破る魔法の一言

・ 塗装業者のほとんどが知らなかった、驚くべき事実

 

となっております。

 A5版39ページ価格1冊 1,480円(税・送料込)となります。

 もし、小冊子の内容が期待はずれだったと思われた方は、読了後でも90日以内は返品可能です。その際の送料はご負担ください。

小冊子「失敗しない塗装工事6つの防衛策」を注文します!

価格は1冊 1480円(税・送料込)となります。

お支払い方法は銀行か郵便局への振込みなります。恐れ入りますが、
振込みの際の手数料はご負担願います。

  お申し込みは下のフォームよりお願いします。

 

塗装工事6つの防衛策のお申し込み
氏 名(姓:山田)  *
氏 名(名:太郎)
会 社 名
役職
郵便番号  *
住 所  *
電話番号  *
FAX 番号
Eメール  *
この商品の購入理由を教えて下さい
ご質問や御要望がございましたら、ご記入下

 

※ 消費税は別途となります。
※ 送料は、弊社の負担とさせていただきます。
※ 使用エリア等の限定はないことをご了承ください。


※今回お申し込みの方に、特典として以下のプレゼントをいたします。

10人分の営業マンに代わって集客する、
反響数実証済みの広告!

 10人の営業マンに代わって集客する広告をあなたがこれから作成するとなると、大変な時間とお金を費やさなければなりません。

 以前に私は、広告のタイトルやメッセージを変えたり、広告媒体を変えてみたりと何度も繰り返し検証してきました。広告を出しても反響が全くなかったり、反響数は良かったものの、見込み客のクオリティが低く成約に結びつかなかったり・・・。

小冊子で集客するための広告

 また、いい反響を得ることができる広告内容であっても、違う媒体にすると反響数は半分以下になったりと試行錯誤の連続でした。

 
 でも、ご安心ください。

 あなたは、ゼロから広告を作成するような必要はありません

 私が何度も実験検証してきて良質の見込み客を獲得できる、広告原稿の使用権をプレゼントしたします。あなたがやらなくてはならないことは、社名と電話番号をあなたの会社のものに変えて、広告に載せるだけ。あなたは、タイトルや原稿内容を考えることは一切、行う必要はないのです。

 これを地元新聞やミニコミ誌に載せると、自動的に小冊子の請求の電話が鳴ります。

※さらに!特典として以下のプレゼントをいたします。

小冊子の効果を2倍に引き上げる、
だれもここまで書かなかったスーパーレポート!

このレポートは、A4版7ページからなるもので、小冊子「失敗しない塗装工事6つの防衛策」を作成した後になって、伝えきれなかった事柄が幾つもあったことから、小冊子の補足として作成したものです。

 小冊子の2版目を印刷する際に、このレポートの内容を追加する予定でいたのですが、あえて「小冊子とレポート」というように分けることにしました

 その理由は2つあります。

 ひとつは、小冊子のページ数が多くなり過ぎてはいけないということです。気軽に簡単に読めるようにした方がいいのでは、と判断したからです。

 極端な話し、電話帳くらいの分厚い本だとしたら、読む気をなくしてしまいます。大量の情報を1回でドーンと提供するより、2回に分けたり2部に分けたりと、読んでもらう工夫もしなければなりません。

 もうひとつに、小冊子とレポートを同時にお客さんに渡した際、まず始めにみるのがレポートからという人が多かったのです。それから小冊子を見るといった感じです。
お客さんに一番伝えたいことが書かれているはレポートの方なので、私の思惑通りになっているのです。

 なぜ「スーパーレポート」なのか?

 それは、このレポートをセットにしてから、アンケートが戻ってくる数が2倍近くになったからです。

 このアンケートをご覧ください!

 いかがですか?効果抜群です。その他にも違った利用の仕方でも、驚くような効果がありました。(この話しは次の機会に)

 この「スーパーレポート」をなんと!今回お申込みの方に、プレゼントいたします!!